数字先行!!
電通での過酷な残業が浮き彫りになったことが、

政府が労働時間における法律の見直しを行っている!!



月の残業を100時間にするのか、

80時間を上限にするのか、

議論されているが、

数字だけが先行しており、

本質的な解決にはならない!!



そもそも、

なぜ自殺するまでに至ったのか、

考えないのだろうか!?



残業を100時間超えが数カ月続いたとしても、

すべての人が自殺しているわけではない!!



つまり、過酷な残業だけでなく、

そこに心理的要因が含まれていると考えるべきである!!



ここを解決できない限り、

残業時間を減らしても、根本的な解決にはならない!!



そして、

残業時間を減らしたところで、

業務量が減るわけではない!!



残業をしていないように見せて、

サービス残業をする人が出てくるかもしれない!!



時間を減らすためには、

生産性を上げる、効率化を進める、

人員を増やす等があるが、

それを経営側がどこまで実行するのか、

疑問しか残らない!!



残業時間の制限をしても、

何が変わるのか!?



変えていくには、

法律で拘束するのではなく、

この社会自体を変えていくしかない!!



仕事の量は変わらない!!



質を落とさず、

時間を減らす方法を

もっと考え、工夫しなければならない!!



以上
auther : 鼻唄 | 社会 | - | - |