偽善でも良い!!
大きな天災が起こり、

被災地に対しての支援は、

物資、寄附、ボランティアなど

さまざまな手段がある!!



ところが、

そのタイミングを誤ったり、

それをアピールすると、

途端に批判されることがある!!



大きな天災が起こった時、

その被害を受けた所に対して、

支援することが

どんな形であったとしても、

それを行動、実行したことは評価できると思う!!



偽善と言われても、

良いではないか!!



どんな形であれ、

支援につながる行動であれば、

それを良しとしてほしいもの!!



実際に被害に遭われた人たちは、

偽善だろうが、良心だろうが、

関係ない!!

それどころではないのだから!!



支援は、

迅速に行うことと

長期的に行うことの二つがある!!



批判されるのは、

迅速に動いたものばかり!!



支援した人たちを

批判するのでなく、

自分であれば、

どんな支援ができるか

それぞれが考えて行動する国になってほしいものだ!!



以上
auther : 鼻唄 | 伝統歴史 | - | - |